改訂 脂質・酸化脂質分析法入門画像

改訂 脂質・酸化脂質分析法入門

商品説明
食品学や栄養学,さらには生命科学などで,脂質はタンパク質や糖質と並び重要な研究対象のひとつである.水溶性のタンパク質や糖質と異なり,脂溶性であるために分析に有機溶媒を使用することの多い脂質に関しては,より基本から説明された実験書が新たに研究を始める人々にはとくに必要であり,最近は学会などの研究発表でも,市販分析キットを使用したものが多いが,時としてその分析キットの基本的な反応が理解されていない場合に遭遇する.キットには分析の基本反応が知財の関係で明らかにされていないものもある.そこで,初心者にも解り易くかみ砕いた説明のある脂質実験書の必要性を痛感するが,本書は企業研究者や大学などで脂質の第一歩から実験や研究を始めようとする人たちを念頭に記述され,分析手法とともに,食品素材,動植物組織・細胞,微生物試料などから脂質を取り出し,その中の脂質クラスと脂質分子種を知り,それらの化学的な組成,構造,分布,変化などを明らかにする手段を,順を追ってかつ平明に述べてある.
本書は,2000 年に初刷された「脂質・酸化脂質分析法入門」(藤野泰彦,宮澤陽夫編著)の改訂版であり,東北大学で宮澤と共に脂質研究に携わってきた同門の山下慎司先生,宮澤大樹先生,木下幹朗先生に今回の改訂の多大な協力をいただいた.本書の改訂にあたっては,全国の多くの大学で学生に脂質・油脂実験を担当されている先生たちから改訂出版のご要望を頂いていたことも考慮した.また,この改訂を強く勧めてくれた幸書房の夏野雅博氏に深く感謝するものであり,夏野氏のご努力がなければ本書は日の目をみなかった.ここに記して心からの感謝の意を表する.
2023 年3 月
宮澤 陽夫

【目 次】
I. 脂質というもの
I―1 概  念
(i)定  義
(ii)名  称
a )脂  質
b )油  脂
c )粗脂肪
I―2 種  類
(i)誘導脂質
a )長鎖炭化水素
b )長鎖アルコール
c )長鎖アミノアルコール
d )長鎖アルデヒド
e )長鎖ケトン
f )長鎖酸(脂肪酸)
g )テルペノイド(イソプレノイド)
h )ステロイド
i )カロテノイド
(ii)単純脂質
a )ワックス
b )グリセリド
c )エーテルグリセリド
d )セラミド
(iii)複合脂質
a )リン脂質
b )糖脂質
c )リン糖脂質
d )硫脂質
e )アミノ酸脂質
(iv)過酸化脂質

II. 抽  出
II―1 抽出原理
(i)脂質の結合性
a )疎水結合
b )親水結合
c )共有結合
(ii)脂質の反応性
a )不飽和結合
b )極性基
(iii)非脂質の混入性
a )低分子成分
b )脂質酵素
II―2 抽出操作
(i)基本的方法
a )前処理
b )溶媒抽出
c )精  製
(ii)類別的方法
a )動物材料
b )植物材料
c )微生物材料

III. 一般試験
III―1 物理的測定
(i )乾燥重量(収量)
(ii) 色
a )ロビボンド法
b )ガードナー法
(iii)融  点
(iv)溶解性
III―2 化学的測定
(i)酸  価
a )マクロ法
b )ミクロ法
(ii)ヨウ素価
a )ウイイス法
b )安田法
(iii)ケン化価
(iv)不ケン化物価
a )マクロ法
b )ミクロ法
(v)過酸化度
a )過酸化物価
b )カルボニル価
c )アニシジン価
d )チオバルビツール酸値
e )共役ジエン含量
f )酸化性

IV. 分  画
IV―1 溶媒法
(i)溶媒分画
a )アセトン分画
b )エーテル分画
c )エタノール分画
d )ピリジン分画
e )系統的分画
(ii)溶媒分配
a )石油エーテル―エタノール分配
b )四塩化炭素―メタノール分配
c )ヘキサン―ブタノール分配
IV―2 カラムクロマトグラフィー(カラム法)
( i )あらまし
a )吸着カラムクロマトグラフィー
b )イオン交換カラムクロマトグラフィー
c )分配カラムクロマトグラフィー
(ii)ケイ酸カラムクロマトグラフィー
a )全脂質のケイ酸カラムによる分画
b )単純脂質のケイ酸カラムによる分画
c )リン脂質のケイ酸カラムによる分画
d )糖脂質のケイ酸カラムによる分画
(iii)フロリシルカラムクロマトグラフィー
a )単純脂質のフロリシルカラムによる分画
b )ステロール脂質のフロリシルカラムによる分画
(iv)DEAE―セルロースカラムクロマトグラフィー
a )全脂質のDEAE―セルロースカラムによる分画
b )複合脂質のDEAE―セルロースカラムによる分画
c )リン脂質のDEAE―セルロースカラムによる分画
d )糖脂質のDEAE―セルロースカラムによる分画
(v)DEAE―トヨパールおよびケイ酸カラムクロマトグラフィーによる分画
(vi)セファデックスカラムクロマトグラフィー
a )全脂質のセファデックスカラムによる精製
b )全脂質のセファデックスカラムによる分画
(vii)アルミナカラムクロマトグラフィー
V. 検  出
V―1 薄層クロマトグラフィー
( i )薄層プレート
a )調  製
b )吸着剤
(ii)展開操作
a )着  点
b )展  開
c )展開槽
(iii)溶媒系
a )単純脂質
b )複合脂質
(iv)検出試薬
a )脂質一般
b )リン脂質
c )コリン脂質
d )アミノ脂質
e )アミド脂質
f )糖脂質
g )シアル酸脂質
h )ステロール脂質
i )カルボニル脂質
j )エステル脂質
k )グリコール脂質
l )過酸化脂質
(v)定  量
a )デンシトメトリー
b )水素炎イオン化法
c )かきとり分析法
(vi)分  取
a )抽  出
b )精  製
(vii)脂質の薄層クロマトグラム
a )単純脂質
b )複合脂質
c )脂質の分子種
d )過酸化脂質

VI. 化学分析
VI―1 元  素
(i)リ  ン
a )全リン
b )リン酸―リン
c )ホスホノ―リン
(ii)硫  黄
a )全硫黄
b )エステル―硫黄
VI―2 結  合
(i)エステル結合
(ii)エーテル結合
a )アルケニル
b )アルキル
(iii)グリコール結合
a )全グリコール
b )末端グリコール
VI―3 脂溶成分
(i)脂肪酸
a )遊離脂肪酸
b )全脂肪酸
(ii)ステロール
a )遊離ステロール
b )全ステロール
(iii)長鎖塩基(スフィンゴシン)
VI―4 水溶成分
(i)グリセロール
(ii)糖
a )ヘキソース
b )ヘキソサミン
c )シアル酸
d )ヘキスロン酸
e )イノシトール
(iii)アミン
a )コリン
b )エタノールアミン

VII. 化学反応
VII―1 分  解
(i)酸分解
a )弱酸分解
b )アセトリシス
c )メタノリシス
d )強酸水解
(ii)アルカリ分解
a )弱アルカリ分解
b )やや強いアルカリ分解
(iii)酵素分解
a )リパーゼ
b )ホスホリパーゼ
c )グリコリパーゼ
VII―2 酸化還元
(i)酸  化
a )酸化銀酸化
b )クロム酸酸化
c )過ヨウ素酸酸化
d )四酢酸鉛酸化
e )過マンガン酸酸化
f )オスミウム酸酸化
g )フッ化水素酸化
(ii)還  元
a )水素化反応
b )水素化分解
c )ヒドラジン還元
d )水素化アルミニウムリチウム還元
e )水酸化ホウ素ナトリウム還元
f )スミス分解
(iii)過酸化
a )自動酸化
b )光酸化
c )リポキシゲナーゼ
VII―3 誘  導
( i )メチル化
a )部分メチル化
b )完全メチル化
(ii)アセチル化
a )O―アセチル化
b )N―アセチル化
(iii)トリメチルシリル化
a )O―トリメチルシリル化
b )N―トリメチルシリル化
(iv)ジニトロフェニル化
a )脂溶成分
b )水溶成分
(v)トリフルオロアセチル化
(vi)ベンゾイル化

VIII. 機器分析
VIII―1 紫外分光分析
(i)あらまし
a )原  理
b )装  置
(ii)測定法
a )試  料
b )操  作
c )判  定
(iii)脂質のUV スペクトル
a )共役脂肪酸
b )ステロール
VIII―2 赤外分光分析
(i)あらまし
a )原  理
b )装  置
(ii)測定法
a )試  料
b )操  作
c )判  定
(iii)脂質のIR スペクトル
a )脂肪酸
b )エステル脂質
c )ステロール脂質
d )リン脂質
e )糖脂質
f )硫脂質
VIII―3 核磁気共鳴分光分析
(i)あらまし
a )原  理
b )装  置
(ii)測定法
a )試  料
b )操  作
c )判  定
(iii)脂質の核磁気共鳴スペクトル
a )脂肪酸
b )トリグリセリド
c )リン脂質
d )糖脂質
e )過酸化脂質
VIII―4 高速液体クロマトグラフィー
(i)あらまし
a )原  理
b )装  置
(ii)測定法
a )試  料
b )操  作
c )判  定
(iii)脂質の高速液体クロマトグラム
a )全脂質
b )脂肪酸
c )トリグリセリド
d )複合脂質
e )過酸化脂質
VIII―5 ガスクロマトグラフィー
(i)あらまし
a )原  理
b )装  置
(ii)測定法
a )試  料
b )固定相(充填剤)
c )操  作
d )判  定
(iii)脂質のガスクロマトグラム
a )脂肪酸
b )長鎖アルデヒド
c )長鎖アルコール
d )ステロール
e )グリセリド
f )長鎖塩基
g )糖
h )過酸化脂質
VIII―6 ガスクロマトグラフィー―マススペクトロメトリー
(i)あらまし
a )原  理
b )装  置
(ii)測定法
a )試  料
b )操  作
c )判  定
(iii)脂質の質量スペクトル
a )長鎖炭化水素
b )長鎖アルコール
c )長鎖アルデヒド
d )脂肪酸
e )長鎖塩基
f )ステロール
g )トリグリセリド
h )グリセロ複合脂質
i )スフィンゴ脂質
j )水溶成分
k )過酸化脂質

IX. まとめ
IX―1 全脂質
(i)抽  出
(ii)予備試験
(iii)分  画
a )カラム法
b )溶媒法
c )アルカリ処理
IX―2 単純脂質
(i)脂肪酸
a )直鎖脂肪酸
b )不飽和脂肪酸
c )ヒドロキシ脂肪酸
d )分枝脂肪酸
(ii)ステロール
(iii)グリセリド
a )トリグリセリド
b )部分グリセリド
c )エーテル型グリセリド
IX―3 リン脂質
(i)グリセロリン脂質
a )エステル型
b )エーテル型
c )ホスホノ型
(ii)スフィンゴリン脂質
a )ホスホロ型
b )ホスホノ型
IX―4 糖脂質
(i)グリセロ糖脂質
a )モノグリコシルグリセリド
b )ポリグリコシルグリセリド
(ii)スフィンゴ糖脂質
a )モノグリコシルセラミド(セレブロシド)
b )ポリグリコシルセラミド
(iii)ステロール配糖体
a )グリコシルステロール
b )アシルグリコシルステロール
IX―5 過酸化脂質
Copyright ©日本食糧新聞社 食の専門書販売 All Rights Reserved.